FC2ブログ

Welcome to my blog

R-18

エログじゃなくてすみません。

チーク指導入ります。

★この記事は2015年11月24日に書いたものを元に再編集しています。


こちら、ADDICTION 2015 冬のビジュアル。

fc2blog_20151124115816ddf.jpg

もう2年経ってしまいますが、私は今もこのビジュアルに使われているメイクが好きです。

というか、眉毛の流行がよほど変わらなければ、このメイクって長く使えますよね。(ちなみに2015年秋のADDICTION記録もあるのですが、そのときの記事はまたの機会にしようと思います)

2015冬のADDICTIONはチーク押しで、作ってもらったパレットもチークが主軸になりました。


fc2blog_2015112411544988d.jpg

左 上:#64 Chocolat
左 下:#63 Truffle
真ん中:#24 Fall in Love
右 端:#34 Winter Blush

2017.11.30 注:#34のWinter Blushのみ廃盤になっていますが、ほかの上記3色は現行カラーです。

【訂正】全部まだ現行カラーで存在していました。すみません!


Winter Blushはその名前にそぐわしく、キーンと冷たい空気の中でポッと赤くなった頬を再現するかのような、まさに冬のチーク。

Fall in Loveとの重ね塗りが大好きで、両色とも気に入ってリピート買いしたほど。

ちょうど1年くらい前にリピ買いしたFall in LoveとWinter Blush↓(と#28 Beigeと#33 Earth Wind)

fc2blog_20171130032409e68.jpg


これに限らずなんですけど、アイライナーとかアイブロウとか、色が分かっているもののリピ買いは、カウンターでなくて公式オンラインショップを使ったりもします。時々送料無料キャンペーンもやってたりする。(音出るときあるので注意)




では当時のBAさんの指南参ります。どうぞー。


fc2blog_20151124124640c98.jpg


【POINT 1】
「今回チークを2個入れたのには理由があって、ADDICTIONがもう玄人向けなの??ってくらいこだわりが強いラインナップになっていて、プロのヘアメイクがしている技術に是非挑戦してみてほしいのです。

今までチークは1色で終わらせてたと思うんですけど、人間の肌って1色じゃないので、自然に肌に馴染ませるには、どうしても多色使いしないといけません。

だから、①のWinter Blush(チーク)をのせたら、②のFall in Love(ハイライト)をそれより大きな範囲にしっかりのせてみてください

1色より綺麗に馴染むのが分かると思います。

Fall in Loveは指でのせてもムラにならないので、デコルテや首元にのせてエロく輝かせるのもテクニックです!!」



【POINT 2】
「アイシャドウは引き続きマットカラーですが、今回かなりベーシックなブラウンです。

③のChocolatはブラシでうっすらとアイホールにのせてください。

今回はアイメイクは脇役ですので、チークのバランスを見て、アイシャドウが濃くつかないように気をつけてくださいね。

グラデーションもしません。

マスカラとライナーもインラインだけのシンプルなものにしてください。

④のTruffeは、目の下目尻から目頭まで入れて目に深みが出るよう調節してください」


「まんまブログに転載していいですか?www」


「どうぞ!このアイメイクはマットなレッドリップや、夏の強いチークでメイクしたときも使えるので応用してください♡」



fc2blog_20151124124640c98.jpg


【POINT 3】
「今回のように『チークが主体』である場合、メイクの順番がチークからになります。

メイクって、一番最初にやりはじめたところが一番濃くなってしまうんですよ」


これを書き直している2017年11月30日は、BAさんの言う順番の話↑は割と浸透しているように思うのですが、これを聞いた2015年時点では「なーるほど!」と目から鱗でした。

2015年 冬のADDICTIONは、このように↓チーク押しで、アイメイクや眉メイクの色味が抑えられています。

fc2blog_20151124115816ddf.jpg


こういうメイクの時は、チークから。

そしてチークとのバランスを見ながらアイメイクをするので、途中途中で大きな鏡を見て全体を確認すべしとのことです。

と、そのように

チーク→アイメイク→リップメイク

の順番でタッチアップしてもらい、全体を見てふと気付く。


「あれ?なんかもう眉メイク要らない感じじゃないですか?これ」


「そう!分かってきましたね!チークにポイントがあるときは他を引いていくので、おっしゃる通りなんですよ。眉毛はしっかり描かなくてもいいんです。まあでもせっかくなのでパウダーをのせましょう」


と、うっすらアイブロウパウダーをのせられた程度。


「あ~、分かってきましたね~♡ うれしい~♡ そういうことなんですよ!」


補助輪が取れた子どもの親か。っつーくらいに喜んでくれるBAさん。


さらに、①のWinter Blush(チーク)は普通のチークブラシでのせるんですが、

その上から、より広い範囲に②のFall in Love(ハイライト)を重ねるときのブラシは、コシのあるブラシを使うといいそう。

と、言いますのも、Fall in Loveのような「キラキラ感」のあるものは、通常の柔らかいチークブラシで塗っても「キラキラ感」がのりにくいそうなんですね。

なおかつ、Fall in Loveは「色が濃く出る」ということもないので、結構大胆に、量も範囲もたっぷりめにつけてしまって大丈夫なのだそうです。

で、このFall in Loveを塗るのに使われたハイライト用のブラシ(とまぶたキワ用のブラシ)を思わず買ってしまいました。



fc2blog_20151124115510f2a.jpg


ADDICTIONでタッチアップしてもらうたびに困るのが

ブラシまで欲しくなる

というところ。



はい集合。

fc2blog_20160425102120008.jpg
この絵面だけで高まる。ADDICTIONのブラシはどれも好きです。


2017.11.24追記
後日談ですが、このとき買ったパレットをまんま使ったメイクをしていたある日、別件で同じ百貨店に用があったので、BAさんの顔だけ見にカウンターに寄ったことがあったんですね。

BAさんが客観的に見ても

#24 Fall in Love (ハイライト)

は「優秀!」で、この日のメイク「100点」と言われました。(超嬉しかった)

いやほんとこのハイライトすごいんですよ。

塗りすぎても塗り過ぎ感がなく、しかもコツ要らずでかなりアバウトに「ガーッ」と塗っても大丈夫。なにしろ肌がきれいに見えます。


そして、この記事の再編集をしていて「あーそうだったー」と思ったのですが、2017年現在の私は 全身鏡 の前でメイクしてます。

もう定着して当たり前になっていたんですけど、そうそう、この日「大きな鏡で確認すべし」と言われたからなんですよね。

それに加えて今は、自然光・蛍光灯・白熱灯の3種の照明で色(特にファンデを塗った顔と首との色差)の確認をするようにしています。

風呂場と部屋と窓際でその3種が確認出来るんで、メイク後に巡回して。

例えば白熱灯(オレンジっぽい)の下だとクマって目立たなくなるけど、蛍光灯の下で見ると青々とクマがあってびびることがある。(だから青クマにはオレンジ色のコンシーラーがいいって言われてるのかーと納得するんですけど)

塗りすぎたチークも白熱灯下だと分かりづらいので、チークの確認は自然光+蛍光灯の下。

一番容赦ないのは自然光ですが、ぶっちゃけ自然光の下にいることって通勤時くらいしかないので、「その日一番長い時間を過ごす場所」の照明に合わせたメイクをします。

平日だったら職場用(蛍光灯用)で色のバランスを見ることが多いですね。

すみません長くなりました。ではまた。

関連記事

スポンサードリンク

 ADDICTIONのBAさん指南